マーチンゲール法のメリットデメリット

マーチンゲール法のイメージ

マネーシステムとして大変有名なマーチンゲール法
誰でも一度ぐらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

システム内容は非常に単純。
マーチンゲール法のメリットは、そこに大きく起因すると考えられているのです。
誰でも簡単に取り入れることができますから、ギャンブル初心者もすぐに試してみることができるでしょう。
複雑なマネーシステムでは、簡単に覚えられませんが、マーチンゲール法はそのような心配をする必要がありません。

それから、シンプルゆえにさまざまなゲームに使用することができます。
少しアレンジすればゲーム以外の利用も可能。
例えば、投資や投機への利用です。
何回か負けが続いたとしても、たった1回の勝ちですべて取り戻すことができる手法。
システムに沿ってベットを続ければ、必ず勝つことが出来るのです。

「これを覚えれば、誰でもかならず勝てるのですか?」
ギャンブルをこれから始めてみようと考えている人から、このような質問が寄せられています。
理論上、確かに必ず勝てます。
正確を期すならば、負けることがありません。

しかし、注意しなければならない点があるのです。
デメリット面について解説しておきましょう。

マーチンゲール法は確かによく考えられたマネーシステム。
ギャンブルにありがちな連敗を喫したとしても、1回の勝利を目指せばよいのです。
しかし、あまりにも負けが続いてしまいますと、多額の軍資金が必要になることに。
ここにマーチンゲール法のもろさが存在しています。
軍資金が底を尽いてしまえば、退場を余儀なくされてしまいます。
マーチンゲール法を最小単位の1ドルから始めたとしても、10回負け続ければ1023ドルを失うことに。

11回目で勝てばよいのですが、そのためにはさらに1024ドルを用意しなければなりません。
軍資金がなければ、マーチンゲール法を続けることができないのです。
これだけ精神的につらい思いをして11回目の勝負に勝ったとしましょう。
今までの負けを取り戻すことができることとなるのですが、プラスは1ドルです。
「たった1ドルですか?」
驚くのも無理はありません。
これではハイリスクローリターンの極みです。
この点が大きなデメリット。
よく理解しておかなければなりません。

またカジノゲームにはベットリミットが設定されています。
上限を超過して賭けることができません。
マーチンゲール法に沿って賭けようとしても、ベットリミットにより賭けることができない場面に陥ってしまう可能性があるのです。

マーチンゲール法を使いやすくするために、自分なりの改良を加えましょう。
マネーシステムを学ぶことは重要です。

ギャンブルは軍資金のマネージメントが大切。
マーチンゲール法を応用すれば、高い精度のマネーシステムを編み出すことが十分可能となるのです!